職場の業務用エアコンの思い出について

お仕事をしていると、毎日のようにお世話になっているものってありませんか?

たとえば、業務用エアコンもそのうちの一つではないでしょうか?

 

 

業務用エアコンって、毎日何気なく使っていますよね。

でも、なくてはならないものだと思いませんか?

 

 

実は私の場合、業務用エアコンについてはちょっと思い出があるんですよ。

業務用エアコンの有り難さが、本当に身に染みた思い出があるんです。

 

 

それも、わりと最近の話なんです。

今年の夏の話なんです。

 

 

私の職場はビルの10階にあるんです。

いつものようにお仕事をしていたんですけれども、午後になってから異変に気がついたんです。

 

 

何だか、ものすごく暑いように感じたんです。

私だけなのかしら?と思って周りを見ると、みんな暑そうにしていたんです。

 

 

室内の温度を下げようとしたんです。

でも、できなかったんです。

 

 

集中管理の業務用エアコンだから、できないんですよね。

仕方がないので、うちわで扇ぎながら仕事をしていました。

 

 

でも、全然歯が立ちませんでした。

あまりにも暑すぎて、汗がダラダラと流れて来たんです。

 

 

そうです。

業務用エアコンが壊れていたんです。

風は一応出ていたんですが、生暖かい風しか出ていませんでした。

 

 

誰かが呼んだのか、業務用エアコンの修理の人が来てくれました。

無事に直ったときは、業務用エアコンの修理の人が神様に見えましたよ。

 

 

あとから聞いた話なんですけれども、

今年は猛暑だったせいか、業務用エアコンの故障がかなり多かったそうです。

 

 

私が住んでいる大阪も、39度になった日があったぐらいでしたからね。

業務用エアコンって、本当に有り難いものですよね。

任せて安心の業務用エアコン取り付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>