自律神経失調症の症状と治療と原因

自律神経失調症とは、その名の通り、自律神経がうまく働かなくなり、身体にさまざまな症状が起こる病気です。

 

実際、外から他人がこの病気にかかっている人を見ても、そうは思わず、病は気からというから、

どうせ単なるずるをしているんだろう、などと偏見を持たれることがあります。

この病気のつらさは病気になった本人か、なったことのある人にしかわからない、と思います。

 

症状の出方は人によって様々です。

頭痛やめまい、動機、息切れ、頻尿等あげたらキリかありません。

まず、この病気になった人で、身体的に上記のような症状が出た場合、まず内科等に行くことが多いです。

それで、原因をつきとめようと医師は検査をするのですが、検査結果は異常なし。

こういった場合、次にいくのが心療内科か精神科です。

 

そこで、医師と話をして、最初は抗不安剤等処方されることが多いです。

薬で多少症状が治まり、なんとか仕事を続けられる場合もありますし、

職場ないしアレルゲンになってると思われる場所から離れている場合は大丈夫ですが、

その場所に行くと、また同じ症状が出て、ひどい場合はしばらく休職しなければいけないケースもあります。

いずれにせよ、すぐ治る病気ではありません。

気長に医師と付き合って、治療していくことになります。

カウンセリングも有効です。

 

自律神経失調症の原因は、その患者さん1人1人で異なります。

しかし、共通して言えるのは、引き金になっているのはストレスであることがほとんどであることです。

自律神経失調症|原因と症状について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>